プレスリリース

本田技研工業株式会社と意見交換を行いました

23
公開時間:2020-10-13 11:46

9月17日、糟谷長官とHondaの八郷社長は、Hondaの将来の事業戦略、守りと攻めの知財戦略、知財発のオープンイノベーション等について、意見交換を行いました。

攻めの知財戦略として、オープンイノベーションの実績やAIを活用して年金判断のための時間を効率化された事例等をご紹介いただきました。

また、日本における意匠審査の結果が、海外での意匠権侵害における勝訴の決め手となった事例を御紹介いただきました。企業のグローバルな事業展開を支援する観点から、特許庁として、日本の審査結果が海外で利用され迅速に権利化が図れるよう、質の高い審査を引き続き目指すことが重要であることを改めて認識しました。


本田技研工業株式会社と意見交換を行いました.jpg

Hondaとの意見交換
小松企画調査課長・糟谷長官・八郷社長・三部専務・別所統括部長